印刷方式による違い

冊子

印刷部数と印刷品質で選ぶ

コミックや小説などの同人誌を印刷する際には、家庭用プリンタで印刷して自分で製本したのでは安っぽい作りになってしまうものです。大半の同人誌では商業印刷にも迫る雑誌を作る目的で、印刷所に依頼して印刷と製本を代行してもらっています。印刷所ではプロユースにも耐えられるほど高品位の印刷が可能な印刷機を所有しており、注文に応じて印刷方式を使い分けながら依頼に応えているのです。印刷所で使われる印刷方式と言えば以前は活版印刷やグラビア印刷が中心でしたが、近年ではオフセット印刷と呼ばれる方式が主流となっています。さらに最近はデジタル組版データをダイレクトに印刷するオンデマンド印刷機も登場し、少部数の印刷注文にも対応できるようになりました。印刷所に依頼して同人誌を印刷してもらう際には、このオフセット方式とオンデマンド方式のいずれかを選ぶことになります。オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いは、事前に版を製作するかしないかという点にあります。作成した版にインクを付着させてからブランケットと呼ばれるローラーに転写させ、そのブランケットから紙へとインクを転写するのがオフセット印刷です。一方のオンデマンド印刷では版を経由せず、パソコンで作成したデータを紙に直接印刷する点でオフセット方式と異なります。版の製作が必要なオフセット印刷は少部数の印刷に不向きでコストもかかりますが、印刷品質は高くCMYK以外の特色インキも使用可能です。オンデマンド方式はオフセット方式よりもコストが安い反面印刷品質では劣りますが、インクを乾かす時間が短いため即日納品も対応できます。同人誌印刷を注文する際には、印刷部数や予算と納期に加えて求める印刷品質も考慮しながら印刷方式を選ぶといいでしょう。最近ではオフセット印刷に迫る高画質の最新オンデマンド印刷機を導入する印刷所も増えており、試し刷りが可能な点でも人気を集めています。

Copyright© 2017 想像をカタチにしよう|同人誌専門の印刷所を利用する時の注意点とは All Rights Reserved.